ーーおすすめの記事!ーー

なかなか合格できない方へ。ブログ初心者がアドセンスに合格するために必要だと考えたこと

 こんにちは!はまちょうです!

 

 ブログ開設から2ヶ月弱。僕のブログもようやくアドセンス に合格することができました!

 

 3回目の申請にしてようやくの合格となったのですが、合格するまでの間は「一生受からないんじゃないか」なんて不安になり、記事の執筆そっちのけで「アドセンス  合格」なんて調べて時間を浪費していました。。

 

  「アドセンスに受かるには?」といったハウツーの部分は自分ではとても書けません。しかし、合格までの道のりで大きな気づきを得ることが出来たので、同じ悩みを持った方のお役に立てると思い、この記事を書くことにしました。

 

 僕と同ブログ初心者で同じ悩みを持った方がアドセンス合格に挫折することなくブログを続けられるきっかけになればうれしいです!

 ネットに転がる情報を鵜呑みにしてはいけない

 ネットで情報を発信しておきながらこんなことをいうのも難ですが、ネットに転がっている情報は自分で取捨選択をしなければなりません。

 

 これは僕がアドセンス合格について調べまくっていた時に痛切に感じました。アドセンスの合格体験記については様々な方がブログで発信していいて、本当にいろいろな情報があります。

 

 あるサイトでは

「外部リンクを貼ってあると審査に通らない」

 と書いてある一方で、またあるサイトでは、

「1つ以上外部リンクを貼っていないと審査に通らない」

 と書いてあったりします。

 

 アドセンスに合格していろいろ知った今となっては、どちらも気にするまでもない情報であるとわかっているのですが、合格を目指している当時は必死です。

 

 リンクを消して申請してみたり、リンクを貼りなおして申請してみたり。さらには申請と申請の間は2週間以上開けなければならないという謎のルールを信じていたので、1つの情報を検証することでさえ、非常に長い時間がかかってしまいました。

 

 グーグル側はアドセンスの審査基準を公表しておらず、合格体験記を書いている方々もあくまで個人的な考えにすぎません。だから、あなたがその条件をそっくりまねしても、必ずしも合格するとも限らないのです

 

 しかし合格を焦るあまり、このような事実に気づくことが出来る人は少ないのではないでしょうか。よほどセンスがある人でない限り、僕のようにいろいろな情報に踊らされて、遠回りしながらアドセンス合格にたどり着くのだと考えています。

 複数のアルゴリズムで判断しているという仮説

  僕がアドセンスについていろいろ調べている中で、最も役に立った情報がこの仮説です。

 

 仮説というか、もはや周知の事実なのかもしれません。アドセンスの審査は、非常に多くのアルゴリズムをもとにして実施されているというものです

 

 「当たり前だろう」という声が聞こえてきますが、この情報が、僕にっとっては一番有益なものでした。

 

 なぜならば、この情報を知ることによって、もうネットの情報に踊らされずに、「自分の考えたやり方で読み手にわかりやすい文章を積み上げていくだけ良い」という事実に気づくことが出来たからです。 

 

 この事実に着目するまでの僕は、ネット上に体験談に書いているような「××はダメ」とか「○○はやらないといけない」とか、そういったものを1つ1つ忠実に守ろうとしていました。

 

 しかし、この記事を読んだあなたは、もはやその必要はありません。ネットにあふれている、数多くの互いに矛盾するアドセンス合格体験記がその証拠です。

 

 ここでいう互いに矛盾する合格体験記とは、例えば、「一回落ちたけど、広告を外した瞬間に合格した」とか「広告外さなくても、すんなり合格できました」とか、この類のものです。

 

 合格したいあまり、こういった情報に踊らされて時間を取られてしまうのは非常にもったいない話です。

 

 それでは具体的にアドセンスに合格するためにはどのようにすればよいのか、自分なりに考えたことをご紹介します。

「読み手に取って何がベストか」を考えよう!

 今まで説明してきた通り、通常のAdSense審査対策では「広告貼っちゃダメ」とか「問い合わせ先はマスト」とか、具体的な対策に目が行きがちです。

 

 しかし、こういった条件は満たせば必ず受かるというものでもないし、また、満たさないと受かることが出来ないといったものでもありません。

 

 このような条件は、あくまでブログを審査する項目の一つでしかないのです。だからこそ、その審査の項目がどのように定められているか、審査するGoogle側に立場になって考えるがあります。

 

 考えるといってもそう難しいことではありません。なぜならその審査基準の大枠をGoogleは既にポリシーの中で示してくれているからです。

 

 具体的に言うと、「ユーザーが知りたい情報をいかに効率的に提供できるか」という視点です

 

 Googleが最も大切にしているのは、ブログを書く人間でも広告主でもありません。ユーザーです。ですから、僕たちもユーザー(読み手)にとっていかに効率的にかつ有用な情報を提供できるかという点が課題になってくるのです。

 

 この考え方を一つの事例に当てはめてみましょう。アドセンス合格について調べているとからならず見かける「広告を貼っていたらだめ」という問題です。

 

 自分ががユーザーの立場だった場合、無意味な広告は非常にうっとうしく感じますよね。たとえば便利なアプリのレビュー欄を見てみても、「広告がうざい」なんていうコメントはよく見かけます。

 

 一方で、特定の商品を探していて、自分ではなかなか探しきれなかった場合に、記事中にリンクが張ってあったおかげでほしいものを買うことが出来たなんて経験をした人もいるかもしれません。

 

 このように、広告一つとってもユーザーにとって有益なものと無益どころか有害なものまで存在しえます

 

 「複数のアルゴリズムに則って審査を行っている」という立場に立てば、有益な広告であれば加点対象に、有害な広告であれば減点対象になるでしょう。

 

 「広告を外した瞬間受かった」という体験談を書いている方は、すでに貼っていた広告が減点対象となり、合格点に届いていなかったと考えることが出来ないでしょうか。

 

 一方で「広告を貼ったままでもすんなり合格した」という方は、広告の貼り方が読み手に取って有益なものであったか、若しくはその他の項目(例えばコンテンツ面)が秀でていたとも考えることが出来るでしょう。

 

 他の例でも考えてみましょう。「アドセンス合格には最低30記事が必要」といった主張がある一方で、「アドセンスに5記事で受かった具体的な方法」なんて記事も存在します。

 

 この話も同じで、5記事でユーザーに十分有益な情報を与えられることが出来ればアドセンスは合格できるだろうし、逆にユーザーにとって無意味な記事を何記事重ねたって、意味はありません。

 

 自分がユーザーや審査する側のGoogleの立場に立ってみれば当たり前の事実かもしれませんが、アドセンスに審査を申請・合格する前からこの事実に気づいている人は意外と少ないのではないのでしょうか

おわりに

 アドセンス合格と言えば、ブログを収益化するにあたっての第一関門です。一週間ほどですんなりパスしてしまう人もいれば、1年以上たってもなかなか合格できない人もいると聞きます。

 

 もしあなたも僕と同じようにアドセンスに合格できなくて悩んでいるのであれば、「ユーザーにとって価値のある情報を提供できているか」という視点でもう一度自分のブログを見直してみてください。

 

 僕のブログもまだまだ伸びしろだらけですが、なんとか及第点をいただけたという事実は、ブログを続けるモチベーションにきっとつながります!

 

 これだけ偉そうなことをいろいろ書いてきましたが、僕自身もこの記事の事実に気が付くまでに非常に多くの時間を無駄にしてきました。

 

 この記事がアドセンスに合格できなくて悩んでいる方のためになれば幸いです!以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!