妊婦さんは要チェック!産前産後の国民年金の支払いが免除になる制度【注意点アリ】

2019年度から新しく妊婦さんにやさしい制度ができました!産前産後の年金がお得になる制度です。

でも、公式HPでは説明がちょっと難しくてわかりにくい!

そこでこの記事では、新しくできたこの制度の概要と、活用方法留意点などを図を使いながらわかりやすーくまとめていきます!

産前産後の国民年金払い込み免除制度

2019年度から始まった妊婦の国民年金払込免除制度は、公式(ねんきんネット)で以下のように紹介されています。

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。(中略)

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。

要するに、出産した前の月から数えて4か月間免除になるということ。文章だと少しわかりにくいので、図を作ってみました。

妊婦の国民年金保険料が免除される期間を示した図

今回の制度で国民年金払込の免除対象となるのは、もっとも早くて2019年2月に出産した方。しかし、制度が始まったのは2019年4月からなので、この場合の支払い免除対象期間は1ヵ月のみ。

制度をフルで使えるのは、2019年5月以降に出産した方からとなります

国民年金の払込免除対象となる人

出産日のほかにも、免除対象となる条件が下記のように定められています。

産前産後免除期間国民年金第1号被保険者の期間を有する方

ここでいう「産前産後免除期間」とは、以下の通りです。

産前産後の免除期間
  • 2019年2月出産:2019年1月~2019年4月
  • 2019年3月出産:2019年2月~2019年5月
  • 2019年4月出産:2019年3月~2019年6月
  • 以降同様に出産前月から数えて4か月間

基本的には上の図の黄色い部分と一致するのですが、2・3・4月に出産した方はちょっと違うので例示しました。

また、「国民年金第1号被保険者」とは以下のような場合です。

国民年金1号被保険者
  • 自営業者
  • パート/アルバイト(扶養外)
  • 無職
注意すべきは、会社員は基本的に第2号被保険者となること、パート/アルバイトでも扶養内の場合は第3号被保険者となることです

無職は例外ですが、この制度の対象は「もともと働いていて収入があったのに、出産で一時的に収入が滞ってしまう可能性がある人」と解釈できるでしょう。

ちなみに会社員(第2号被保険者)の場合は産前産後の厚生年金保険料が免除となります。

そもそも国民年金と厚生年金の違い等がよくわからない方向けに、年金制度の基本をこちらの記事で詳しく解説しています。

将来、年金はいくらもらえる?平均額と、制度の基本的な話【入門者向け】

妊婦さんが申請するといくらお得?

令和元年度における1か月あたりの国民年金保険料は16,410円

制度をフルに活用することが出来れば、16,410円×4か月=65,640円です。

保険料が免除になるうえ、この期間の保険料は「納めたもの」と見なされて将来の年金受給額に反映されます。

これと似た制度で、「学生納付特例制度」というものがあります。

この制度はも同じように保険料を払わなくていいのですが、その分将来の年金受給額は減ってしまいます。(後から「追納」という形で納めることもできます)

産前産後の免除制度は、保険料も抑えられるし、将来の年金も満額もらえるので、対象者は絶対に利用しないと損です!

申請の前に知っておきたいこと

申請しないと免除にならない

最大の注意点は、申請しないとこの制度が適用されないこと。ほっとけば自動的に保険料が免除されるわけではありません。

この制度は未だ完全に浸透していないので、知らないまま損をしている人も多いのではないでしょうか。。

保険料を払った後でも申請できる?

保険料を支払った後でも申請可能です。この場合は既に支払った保険料が戻ってきます。(還付)

申請方法

お住いの市区町村の国民年金担当窓口に申請します。必要書類等は以下の通り。

  1. 国民年金被保険者関係届出書(申出書)https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.files/01.pdf
  2. 出産予定日が確認できる書類※1
  3. マイナンバーカード※2
  4. 印鑑
  5. 本人確認書類

※1 出産前に申請する場合は母子健手帳等。出産後の申請で、役所にて出生日が確認できる場合は不要

※2 持っていない場合は①通知カードまたはマイナンバーが確認できる住民票の写し&②本人確認書類(免許証やパスポート)が必要

窓口で手続きする場合は、上記一式を持参すればOKです。郵送でも手続きはできますが、その際はマイナンバーカードの両面コピーが必要である点、注意してください。

申請書の記入例はこちら

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.files/02.pdfを参考にしてみてください。

妊婦さんはぜひ利用してください!

別の記事で年金関係の勉強をしていた時に、初めてこの制度を知りました。私たち夫婦はちょうど妊活中なので、新しい家族が出来たらぜひ活用させていただきたいと思います。

以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です