ーーおすすめの記事!ーー

簿記一級は転職に役に立つ?実際に簿記一級を取って転職してみました!【簿記・転職】

 こんにちは!はまちょうです。

 

 簿記一級を学習している方、またはこれから学習を始めようとしている方で「簿記一級ってホントに転職に役に立つのかな?」なんて悩んでいる人はいませんか?

 

 過去の記事簿記一級を独学で取りたい方必見!独学で合格する条件とは?でも紹介した通り、簿記一級を取得することは結構骨が折れます。

 

 僕は簿記一級を取って転職をしました。転職活動を経験する中で、簿記一級を取っておいて本当に良かったと実感しています。一方で、簿記一級をとっても、場合によってはあまり役に立たない人がいるのも事実です。

 

 この記事では、僕が転職活動をする中で簿記一級がどのように評価されたかをご紹介するとともに、どんな場合であれば転職の際に簿記一級が評価されやすいのかも書いていきます

 

 記事を読み終えれば、あなた自身が、転職のために簿記一級を取得するメリットがあるかどうか判断することが出来ます

転職市場における簿記一級の評価

僕のプロフィール

 本題に入る前に、僕がどのような条件で転職に挑んだかを簡単に記述します。

年齢:20代後半

経理実務経験:約3年

受験企業:各業界の国内最大手レベルで、経理・財務分野でジョブローテーションさせてもらえる企業(業界は絞らず)

その他経理資格:無(FASS等の他資格も持っていたが、履歴書には書いていない)

面接:苦手

 こんな感じで転職に挑みました。

 

 後でも書きますが、簿記一級を取得しても、転職に活かしやすい場合とそうでない場合があります。僕と条件が似通っている場合であれば、間違いなく簿記一級をガンガン活かして転職できるでしょう!

実際に簿記一級を取って転職してみた!

 先に結論から書きます。

受験企業:6社

書類選考通過:6社

内定:2社(4社は面接辞退)

 結果としては完全勝利でした。さっきも書きましたが、僕は面接が苦手です。売り手市場という時の運も大いにあったでしょう。とはいえ、 簿記一級を取得したことによる効果は、転職活動の随所随所で確認することが出来ました

 

 まず効果を感じたのが、書類選考です。受けた企業が軒並日本を代表する大企業だったので、書類選考で落ちることも覚悟していました。しかし結果的には簿記一級の力で全て通過しました

 

 そして、書類選考以外でも、簿記一級の威力を感じた場面があります。以下では、実際の転職活動におけるシーンに沿って、事例をご紹介したいと思います。

転職エージェント:「簿記一級をもっているのは強いですねー!」

 まずご紹介するのが、転職エージェントから言われたこの言葉です。

※そもそも転職エージェントって何者?って方は、この記事20代の経理マンが解説!転職エージェントってなんだ?若手経理職が登録すべき転職エージェントは?を先に読んでみてください

 

 これは担当するエージェントとの初回面談の際に言われた言葉です。僕が経理の経験が浅かったということもあり、面談前半はエージェントも「企業を選ばなければ転職できる」くらいのテンションで、やる気があまり感じられませんでした。

 

 しかし、僕が簿記一級を持っているという事実を知るや否や、面談の流れが変わり、エージェントもグイグイ質問をしてくるようになりました。

 

 なぜなら、より年収の高いところへ転職させるほど、彼らが企業から受け取る報酬も高くなるからです。

 

 エージェント曰く、多少の経験の浅さは簿記一級を武器にすれば十分カバーできるとのことでした。

 

面接官:「簿記一級はどうやって勉強しましたか?」

 これは実際の面接の中で受けた質問です。通常の資格であれば、このような質問がされることは想定されないでしょう。

 

 このような質問がされるということは、面接官側も簿記一級の難しさについて十分理解してくれているということです

 

 僕は独学で簿記一級を取得していたため、そのことを伝えると「大変だったでしょう」と言ってもらえました。ここでは、簿記一級という高度な知識をアピールできると同時に、目標に向かって自分の力で努力を続けられる点もアピールすることもできたと考えています。

 

 面談が終わった後に転職エージェントを通じて面接のフィードバックをもらえるのですが、エージェントも、先方が簿記一級を取得していることを評価してくれていることを教えてくれました。 

面接官(役員):「簿記一級と簿記二級ではどんな差があると思いますか?」

 またまた面接の中で受けた質問です。しかもこれは、最終面接の役員クラスからされた質問です。ちなみにこの企業はCore30の中にも入っている企業です。

 

 この質問に対する回答からどのような考え方をする人間かを見たかった、というのもあると思いますが、これだけの大企業のトップクラスの方でも、簿記一級を保有していることに対して興味をもって質問してくれました。

 

 さらには「簿記一級、頑張ったねぇ」と評価してもらうことも出来ました。確かに書類には書きましたが、自分からは面接の場で全くアピールしたわけでもないのにもかかわらずです。

転職のために簿記一級を取るべき人はこんな人

 僕が転職するにあたって、どれだけ簿記一級に助けられたかは伝わったと思います。かといって、簿記一級を目指す方が誰しも僕と同じ年齢・状況とも限らないので、実際の経験から、簿記一級を活かせるのはどんな人か考えてみました。

経理の実務経験が浅い人

 経理の求人をみると、そのほとんどが、募集要件のあるものばかりです。例えば以下のようなパターンがあります。

・事業会社での経理経験5年以上

・開示業務の経験3年以上

・資金調達業務を経験したことがある方

 経理実務経験が浅いと、こういった募集要件の部分で引っかかってしまう場合があります

 

 しかし、上記はあくまでも目安です。経験年数以上に深い知識を持っていれば問題ありません。そこで、その知識を保有しているという証明になるのが、簿記一級です。

 

 僕も実際の転職活動の中で、「実務経験5年以上」といった求人にも応募して、書類選考は通過しました。

 

 せっかく行きたい企業の求人があっても、受ける前から条件を満たせず諦めるのは悔しいです。上記のように、経験の浅さであれば、知識量である程度はカバーできます

大企業への転職を目指す人

 大企業であれば、日商簿記一級で学習する連結会計や、退職給付会計、ヘッジ会計等の知識を存分に生かせます。

 

 また、新卒の時は入れなかった企業も、簿記一級を取って経理職としてであれば入れたりします。昨今はどこの企業も人手不足ですが、とくに経理職については戦力として育成するのに時間がかかるので、外部から取ってくる手法が使われることが多いからです。

簿記一級をとっても転職に活かせないのはこんな人

経理以外の職種でキャリアアップを目指そうとしている方

 簿記一級の論点の中には、担当する業務によっては知っておくと役に立つ論点は数多くあります。(例えば、人事給与担当であれば退職給付会計、総務担当であればリース会計等)

 

 だからと言って、簿記一級のすべての論点を学ぶというのは、明らかにオーバースペックです。その時間があれば、本職に関連することを勉強したほうがいいでしょう。

中小企業への転職を目指す人

 中小企業で経理をやりたいという方にとっても、簿記一級はオーバースペックと言えるでしょう。連結子会社として、親会社の処理を知りたいということであれば、簿記二級までで十分な範囲を学習できます

 

 中小企業であれば、むしろ実務で担当できる業務の幅が大事になってきます。なぜなら、中層企業では、大企業は違い経理担当者が少ないため、必然的に一人で扱う範囲が広くなるからです。

 

 よって、中小企業への転職を目指すのであれば、より実務寄りの資格であるFASS等の学習をお勧めします。

おわりに

 簿記一級が役に立つか疑問に思ったまま学習のモチベーションを保ち続けるのは、とても難しいと思います。

 

 逆に言えば、簿記一級が将来どのように役に立つのかイメージできれば、たとえ独学でも挫折することなく勉強を続けることが出来るのではないかと思い、僕の経験を記事にしてみました。

 

 学この記事を読んで、学習に行き詰っている方に希望が見えたらうれしいです!

 

 また、経理職で転職してみよっかなーと考えている人は、この記事20代の経理マンが解説!転職エージェントってなんだ?若手経理職が登録すべき転職エージェントは?にてエージェントの活用方法などを見ていってくださいね!

 

 以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました!