ーーおすすめの記事!ーー

【炭酸水】自家製or市販ではどっちがお得?ソーダストリームのコスパを検証!【節約】

 こんにちは!はまちょうです。

 

 日常で何かと便利な炭酸水。我が家ではお酒を割るという目的がメインですが、近頃その用途は飲用のみならずダイエットや洗顔等の美容方面まで多岐にわたっています。

 

 我が家では基本的には炭酸水は購入せず、家にあるソーダストリームという器械で自家製の炭酸水を作っています。

 

 この記事では、自家製・市販の炭酸水のメリット&デメリットを紹介した上で、最終的にはコスト面でどちらがお得なのかをご紹介します

 

 日常で炭酸水をよく飲む方はぜひご覧ください!

自家製炭酸水のメリット&デメリット

 自家製炭酸水のメリット&デメリットでぱっと思いつくのは以下の通りです。

メリット

・自宅で飲みたいときにいつでも手軽に作れる

・ペットボトルのごみがでない

・炭酸の強弱を自分好みに調節できる

デメリット

・初期コストが高い

・ガスシリンダーの交換が面倒

 実際に毎日利用しているので細かいところではこれ以外にも思いつくのですが、主要なものをあげてみました。

 

 メリット&デメリットをご紹介する前に、ソーダストリームを使ったことがない方のために簡単に自家製炭酸水の作り方を説明しておきます。

 

 ソーダストリームの構造は非常にシンプルで、物理的なボタンを押すことで、内蔵されているガスボンベから付属のボトルに入った水に二酸化炭素を注入するというものです。

 

 ボタンを押すとガスボンベの栓が開いてボトルに流れ込むようになっているので、電気は必要ありません。(制汗剤スプレーのようなイメージです)

 

 ペットボトルのごみが出ないというのは地味に大きなメリットです。我が家では2Lパックのミネラルウォーターから炭酸水を作っているので結局ペットボトルのごみは出てしまうのですが、最近ではミネラルウォーターのペットボトルはかなり小さくつぶせるようになってきているのであまり気になりません。

 

 対して市販の炭酸水のペットボトルは固いものが多く、意外とかさばってしまいます。炭酸を充填する関係でどうしても容器は頑丈にせざるを得ないんですね。

 

 加えて、炭酸の強弱が自由自在なのも結構便利です。ウィスキー等の他の飲み物を割るときは強めで、炭酸水をそのまま飲むときは少し弱めにするなんてことも簡単にできます。

 

 一方で大きなデメリットが初期費用です。一番安い機種でも1万円近くかかります。そのほか、内蔵のガスボンベのガスがなくなったら交換する費用も発生します。

市販炭酸水のメリット&デメリット

 市販の炭酸水のメリット&デメリットは以下の通りです。

メリット

・常に強い炭酸が飲める

デメリット

・買うのが面倒

 こうして考えてみると、市販の炭酸水のメリット&デメリットはあまりないのかもしれません。

 

 そもそも家で炭酸水を作っているという人自体がまだまだ少数派ですから、大部分の方にとって、炭酸水は「買うのがあたりまえ」なのかもしれませんね。

自家製炭酸水のコスト

 ソーダストリームで自家製炭酸水を作るためのコストを検討していきます。自家製炭酸水の場合、①初期コスト、②原料コスト(水)、③原料コスト(ガス)の3つが発生します。

 

 まずは①の初期コストから。先ほどもご紹介したように、ソーダストリームは安いものでも1万円近くかかります。

  上記が現在最安の機種ですが、税込みで9,900円とのことです。我が家でもこの機種を使っています。

 

 続いて②の原料コスト(水)です。水道水で作る場合は1L当たりのコストは1円にも満たないので考慮するまでもありませんが、ここでは市販のミネラルウォーターで作ることとします。

 

 2Lのペットボトルで一本あたり120円とします。スーパーの特売で買ったり、または謎のメーカーが販売しているものを買えばもっとコストを抑えられるのですが、ここでは現実的にネットで大手メーカーの水を注文した場合を想定します。

 

 最後に③の原料コスト(ガス)です。ガスシリンダーの交換費用は一回あたり2,000円です。シリンダーの交換方法は、直接店舗に持ち込む場合と、郵送の場合の2パターンがあるのですが、全社の方が圧倒的に早くて安いので、こちらを採用します。

 

 メーカー公式によると、一回のガス交換で60Lの炭酸水を作ることが出来るとされています。しかし、実際の経験上そんなに多くの炭酸水は作れません。

 

 ちょうどいいサイトがあったのでソーダストリームのガスシリンダーを店舗で初交換!強炭酸でどれだけの量を作れたのかを公開!こちらのサイトを参考にさせていただくと、一回のガス交換で作れる炭酸水は36Lとのことでした。

 

 実際に使ってみた立場からして、こちらの数字の方が信ぴょう性が高いので、こちらの数字を採用して検証することとします。

市販炭酸水のコスト

 市販の炭酸水のコストは、単純に購買価格のみです。送料等は考慮に入れないこととします。

 ミネラルウォーターの時と同様、こちらも安心できるメーカーが出していて、日常で手に入りやすい範囲内のものを選択しました。

 

 上記の商品で、500MLあたり90円とのことです。

自家製炭酸水と市販の炭酸水ではどちらがお得なのか

  以上の情報をもとにして作成したのが以下のグラフです。

f:id:hamach0:20190429075537j:plain

 青い線が自家製の炭酸水のコスト推移を表しています。初期費用でソーダストリーム本体費用の9,900円が発生するので、最初から縦軸の値は9,900円です。

※初期購入時に本体にガスが付属している

 

 購入以降、36L作るごとにガスシリンダーの交換費用の2,000円が発生するので、階段のような形のグラフになっています。

 

 対してオレンジ色が市販の炭酸水のコスト推移を表しています。こちらは何本買っても価格は同じなので、単純な右肩上がりの直線となっております。

 

 最初にコストが逆転するのがグラフの赤い線の部分。炭酸水を133L作った時点です。よって、133L作った時点でいったんソーダストリームの方がコストが安くなります。

 

 しかし、144L作った時点でソーダストリームのガスシリンダーは交換が必要になるため、再びコストは逆転

 

 最終的には緑の線の150Lを超えると、それ以降はソーダストリームの方がお得になるという結果になりました。

 

 150Lというと、毎日炭酸水を500ML飲んだとして300日。月にして10か月程度になります。

 

 単純にコストだけをみて考えた場合、これが一つの判断基準になりそうです。さすがにこんなに毎日炭酸水を飲まないという方は、このコスト差を踏まえて冒頭のメリットに対していくらまでなら出せるかという観点から、どちらがいいのか判断してみてください。

おわりに

  我が家のソーダストリームは結婚式の二次会の景品でたまたまゲットしたものだったので、いままで「コスパ」という概念がありませんでした。

 

 しかし、最近炭酸水のガスを取り換える必要が生じたことをきっかけに、「もしかしたら市販の方が安いのでは?」という疑問が生まれたのが今回の記事のきっかけです。

 

 我が家の場合であれば初期費用が発生していないので、確実にソーダストリームを使い続けてた方がお得ということがわかりました。これからも愛用させていただきます!

 

節約関連ではこちらの記事【お風呂】追い焚きと張り直しではどっちがお得?もお勧めです!ぜひ読んでみてください!

 

 以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました!