ーーおすすめの記事!ーー

【バリ島】ウブドのライステラスは超インスタ映えスポットだった【巨大ブランコも】

ウブドのライステラスは、バリ島随一のインスタ映えスポット。

そこでは 広大な景色を一望できる巨大なブランコに乗ることもできます。

この記事では、ウブドのライステラス(棚田)巨大ブランコの体験レビューをお届けします。

ウブドのライステラス(棚田)の場所

空港からウブドのライステラスまでは、車で約1時間半程度。タクシーかカーチャーターで行くことになります。

ライステラス(棚田)とは何か?

ウブドのライステラス

インドネシアの中でもウブド周辺は特に稲作が盛んな地域。

しかし、この辺り一帯は山だらけで平らな土地がありません。このような環境下で編み出されたのがライステラス(棚田)方式の水稲です。

 

山の斜面を階段状に耕し、部分的に平らな面を作ることによって、水稲耕作が可能となりました。

もともとウブドは観光地ではなかったのですが、このライステラスの景色が美しいことで話題となり、ここ数年で一気に観光地化したとガイドさんから聞きました。

米を作っている人からすれば、自分の畑にガンガン観光客が入ってくるので作業しにくいようですが。。

ライステラスに行ったら巨大ブランコに乗ろう!

バリ島はインスタ映えスポットが多いですが、その中でも特にインスタ映えを狙った人が集結するのが「アロハウブドスウィング」です。

ここでは巨大なブランコに乗って、ライステラスの景色を一望することができます。

写真を撮れる場所がたくさんあって、世界中のインスタグラマーが集まっている感じでした。

 

バリ島は物価が安いイメージがあると思いますが、こちらの料金は完全に観光客向け。1人あたり35USDかかります。ちょっとためらいましたが、夫婦一緒にチャレンジすることにしました。

 

ブランコの種類は何個かあって、正確にカウントしていませんが少なくとも5個くらいはあったと思います。

自分の乗りたいブランコに並んで、順番を待つスタイル。1回あたり10往復くらいで次の人と交換していきます。

観光客は多いですが、回転もはやいので待ち時間はそこまで気になりません。

ウブドの巨大ブランコ

こんな感じではるか彼方へぶっ飛びます。ブランコ自体は自分でこがずに、係りの人が後ろから押してくれます。

みなさんとてもフレンドリーで日本語で気さくに話しかけてくれました。

 

一人乗りだけでなく、二人乗りのブランコもあります。こちらはカップルで一緒に乗っている方が多かったです。

ここでは衣装の貸し出しも行なっていて、白いドレスに身をまといながらブランコに乗り込むこともできます。

せっかくなので私たちも1枚インスタ映えな写真を撮ってもらうことにしました。

ウブドの二人乗りブランコ

カメラマンの撮影テクニックがすごいです。

私たちが渡したカメラに、自身のスマホの背面部分を反射させることによって、鏡に映し出されたような一枚が出来上がっています。

やはりウブドはインスタ映えスポットでした

ライステラスの絶景が広がる中、これだけ大きなブランコに乗るのはとても爽快です。

少々料金はお高めですが、ぜひ体験してみてください。

ライステラスで絶景を楽しんだ後は、ウブド市街でショッピングを楽しみましょう!KOHなどのオーガニックコスメが日本では手に入らないような値段で購入できるのでお土産にぴったりです。

バリ島旅行最後の記事はこちら。バリ島で安く飲める最高級コーヒーのレビュー記事です。

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!