ーーおすすめの記事!ーー

おならをバレずにする方法!-おならのサイレントマナーモード-

 こんにちは!はまちょうです。

 

 ブログを書き始めて一か月半。自分なりに何を書いたら読者のためになるかまじめに考えながら書いてきました。

 

 まじめに書くものちょっと疲れてきたので、たまにはふざけた記事も書いてみようと思います。

 

 中身はふざけた記事とはいえ、読者のためになるかどうかという視点は忘れません。むしろ今まで書いてきた他の記事よりも、はるかに役に立つ情報である可能性が否めません。(今までの記事はなんだったのか)

 

 ということで、今回のテーマは「おならをバレずにする方法!

 

 どうしてもおならが我慢できないときってありませんか?

 

 我慢しすぎるのは体に毒です。おなかも痛くなっちゃいますからね。

 おならが出る原因って何?

 

f:id:hamach0:20190320224721j:plain

 おならが出る原因は大きく分けて2つです。

食べたものが腸内でガスを発生させている

知らず知らずのうちに空気を飲み込んでいる

 1つ目の理由が食べもの。消化されにくい繊維質や糖質を摂取すると、腸内の細菌が働いて、ガスに変えられることによっておならに変身します。

 

 2つ目の理由で思い当たる節はあるでしょうか?早食いや炭酸飲料の摂取などがそうです。さらにはストレスを抱えると人間は知らず知らずのうちに空気を多く飲み込んでしまうそうで、これもおならの原因となります。

おならを我慢したら体に毒!どんどん出そう!

 ある程度までであれば、おならって我慢できますよね。我慢したおならってどこに行っているのでしょうか?

 

 一つの可能性としては、睡眠中気づかぬうちにおならとして排出している場合です。一人で寝てる分には、だれも迷惑しないし、自分も罪悪感を感じなくてすむのでいいですね。

 

 もう一つの可能性としては逆流です。人間が口から摂取した食べ物は食道⇒胃⇒小腸⇒大腸⇒肛門という順番で体外へ排出されます。

 

 おならを我慢するということは上記のプロセスでいう「肛門まで到達して体外に出ようとしている空気」を意識的に止めることになります。

 

 すると、肛門でせき止められた空気が逆流して大腸⇒小腸に戻ります。小腸は本来胃からやってきた食べ物から栄養を吸収するところです。

 

 肛門から帰ってきたおならは、小腸で吸収され、血液の中に入り込み最終的には呼気として体外に排出されるのです!!口からおならです。

 

 そもそもおならは生理現象ですから、我慢していいことがあるとは思えません。これ以外にも、肌荒れ腹痛の原因になるなど、おならを我慢することは百害あって一利なし(一利くらいはある⁉)でしょう!

どうやったらおならをバレずにすることが出来る?

この方法を知った経緯

 この方法は、妻から教えてもらいました。

 

 話は僕が転職する前にさかのぼります。転勤で大阪に配属となったのですが、その職場が結構ストレスでした。

 

 毎日部長が怒鳴ってるし、その部長の飲みに毎日誰かが生贄となって付き合わないとダメだし。

 

 ということで、かなりストレスがたまっていました。そのせいかわかりませんが、おならがとにかく出まくるようになったんです。

 

 職場ではなんとか我慢するんですが、家でも我慢したらお腹がパンパンになって痛くなってしまいます。だから一日に5回くらいは家でおならをしていました。

 

 もちろん妻もおこります。そこで伝授されたのがこれから紹介する方法です。

 

 妻は職場の上司(女性)から教えてもらったそうです。笑

どうやってバレずにおならをするか

 バレない=音が出ない」です。さすがに臭いまでは保証できないので、ご了承下さい。

 

 おならをしたくなったらまず片方の手でおしりのほっぺをつかみます

 

 そしておならの通り道を作ってあげるように、お尻の肉を外側にひっぱります

 

 これだけです

 

 おならは体内から空気が出る際に、肛門付近の皮膚がが振動することによって音が発生します。

 

 ですからその空気を出来るだけスムーズに通る道を確保してあげることができれば、皮膚も振動せず、結果として音が発生しないということです。

 

 なんだこれだけかと思った方いるでしょう。でも、だまされたと思って試してみてください。まじですごいですから。コツをつかめばかなりの確率で音を封印できます

 

 ただし、やりすぎは注意です。お肉を引っ張りすぎてあまりにも通り道をスムーズにしすぎてしまうと、失敗する可能性があります。その結果はご想像の通りです。

おわりに

 我が家では謎のルールがあります。万が一家でおならをしたことがばれてしまっても、この方法をとっていればセーフというルールです。音を消すことで相手に嫌な思いをさせないという思いやりって大事ですよね。言いたいことはそういうことです。

 

 以上です!ぜひ試してみてくださいね!ここまで読んでいただきありがとうございました!