ーーおすすめの記事!ーー

現役経理マンのプログラミングスクール体験談 -TECH::EXPERT編-【経理・スキルアップ】

 こんにちは!はまちょうです

  

 プログラミングに興味があるけど、独学は難しそう。だけどたくさんスクールがあってどこに通っていいのか悩みませんか?

 

 実は僕もそう考えている人間のうちの一人です。せっかく仕事の合間の貴重な時間とお金をかけてチャレンジするんだから、自分にあったベストな選択をしたいですよね

 

 かといって、たくさんあるプログラミングスクールをすべて見ていてはきりがありません。無料体験もたくさんあるけど、実際に一歩を踏み出すとなると、ハードルが高いのも事実です。。

 

 僕は現在、比較的時間に余裕があるので、さまざまなプログラミングスクールの体験をすることによって、最も自分のスタイルに合ったスクールを探しています。今回はTECH::EXPERTの無料カウンセリングを受けてきたのでその模様をご紹介します

 

 この記事では、僕がプログラミングスクール大手のTECH::EXPERT無料カウンセリングの内容や、どんな人にTECH::EXPERTが向いているかをご紹介します

 

 記事を読み終えれば、数あるプログラミングスクールの中でもあなたがTECH::EXPERTに向いているかどうかを判断いただける内容になっています。 

TECH::EXPERTの無料カウンセリングを申し込んだ理由

 冒頭に少し紹介しましたが、僕は現在自分が通うプログラミングスクールを探しています。最近プログラミングスクールがかなり増えてきましたが、やはり安くはないお金を払う必要があるため、安心できる大手のスクールに通いたいと思っています

 

 今回無料カウンセリングを受けることとしたTECH::EXPERTの運営会社は株式会社divという会社。大手の企業研修も請け負っていて、実績もあり安心であると判断しました。

 

 また、TECH::EXPERTのHP上では「あなたのキャリアチェンジ成功を保証します」との文言。ここまで自信をもって書いてあったので、いかほどのものかと試してみたくなりました。

無料カウンセリングの申込方法

 無料カウンセリングの申込方法は簡単です。TECH::EXPERTのHPから飛んでいけば、すぐに空いている日時を確認でき、予約が出来ます

※上の画像をクリックすればサイトへ飛ぶことが出来ます。

 

 カウンセリングには対面とオンラインの2種類があります。対面の場合は渋谷・心斎橋・名古屋のどこかから選択となります。

 

 対面のカウンセリングが結構混んでいて、僕が受けようとしたときには翌週の土日が満員でした。対面希望がいい場合は、余裕をもって予約することをお勧めします。(特に渋谷の場合)

 

 僕はとにかく早くカウンセリングを受けたかったので、やむを得ずオンラインで予約しました。

無料カウンセリングの流れ

 無料カウンセリングの流れは、現状のヒアリング⇒スクールの概要説明という流れで、一対一形式で進んでいきました

 

 オンライン形式ということで、接続方法に不安があったのですが、難なくできて一安心でした。カウンセリング直前に接続方法の案内が来るので、それを参考にすれば大丈夫です。(PCであればGoogle Cromeから指定のURLをクリックするだけ、スマホであればアプリを事前にDLして、トークルーム名を入力するだけ)

無料カウンセリングを受けてみての感想

 一対一の面談形式で、現状のヒアリングから初め、その内容に沿った形でスクールの説明をしてくれるという点では、侍エンジニア塾と似た形式でした。対話形式で進められるので、わからないことがあったらその場ですぐ質問できて助かりました

 

 カウンセリングで説明を受けた中で、TECH::EXPERTの特徴だと感じたことを簡単にまとめていきたいと思います。

エンジニアとして一人前になることを徹底して考えている

 プログラミングスクールによっては、一つの言語を学習するのに100時間という目安を掲げているスクールもあります。

 

 しかし、TECH::EXPERTのカリキュラムは600時間程度の学習を目安に設定されています。その理由は、HTMLやCSSのような目に見えるフロントエンドからバックエンド、インフラまで、一人前のエンジニアになるために必要な一通りの知識を身に付けるためのカリキュラムになっているからです。

 

 また、カリキュラムの中で自分の成果物を作るという点にもこだわっています。なぜなら、未経験からエンジニアに転向する際に圧倒的に不利になるのが、開発経験などの実績の部分であるためです。

 

 TECH::EXPERTではカリキュラム中で自分の成果物を0から作り上げ、未経験者が案件獲得の際に不利になってしまいがちな実績の部分まで面倒を見てくれるということです

 

 実際のカリキュラムの中では、TwitterやLINE、メルカリと同等のサービスを作り上げると聞きました。知識・経験ともに0ベースからここまで行くのは少し想像がつかないですが、ストイックにカリキュラムをこなしていけば、皆さんできるようになるとのことでした。

選べるコースは転職コースと副業・フリーランスコースの2つ

 プログラミングという手段を使って、将来自分がどうなりたいかによって、選択するコースが異なります。

 

 転職コースでは、プログラミングの学習はもちろん、面接や書類選考の対策まで一緒に行ってくれます。スクールと転職エージェントが一体になったイメージでしょうか。

 

 副業・フリーランスコースでは、未経験から案件を獲得していくノウハウを学習できます

 

 どちらのコースを選択したとしても、カリキュラム内容と料金は変わらないとのこと。 

選べる学習スタイルは短期集中と夜間・休日スタイルの2つ

 コースのほかに、学習スタイルも選択します。

 

 短期集中タイプでは毎日11:00-22:00まで教室を利用でき、その間いつでも直接質問ができるというスタイルです。このスタイルの場合、10週間でカリキュラムを終わらせるイメージです。

 

 短期集中タイプでは最低でも週に60時間程度の学習時間を確保する必要があるので、現在就業中のかたは選択が難しいでしょう。大学受験を彷彿させるようなガチ具合です。。

 

 夜間・休日タイプは平日の夜と休日に教室利用が出来ます。このスタイルの場合、約半年(26W)かけてカリキュラムをこなすことになります。

 

 夜間・休日タイプでは一週間当たりの学習時間が23時間程度となります。就業中であれば、これでもかなり時間を確保するのが大変だと思います。未経験から一人前のエンジニアを育て上げるという本気度が伝わってきました

最後までやり抜くことをサポートする仕組み

 これだけ本気な内容となってくると、正直最後までやり切れるか不安な面がありますが、その部分については安心できるサポートがあります

 

 受講者一人一人に専属のコーチがついて、学習状況の進捗管理をしてくれます。また、カリキュラムの中でグループ開発的なものが含まれていて、同じ方法を向いた仲間と一緒に疑似的な開発体験をすることが出来ます。

 

 このように、一人ではなかなかモチベーションを保ちにくいという場合でも安心できる仕組みがあるようでした

使用するPCはMac限定

 ここはWindowsユーザーとして個人的に感じたデメリットです。それは、受講のために使用するPCがMacに限られているという点です。受講中のレンタルもあるそうですが、月に10,000円程度かかってしまうので、受講料の他にも費用が発生するのは痛いと感じました。

 

 もちろんそれには理由があって、実際開発現場ではほとんどがMacを使っているからこのような制度を取っているとのこと。僕は未経験者なので何とも言えませんが、より実践を意識しているということでしょうか。

TECH::EXPERTはこんな方におすすめ

 他にもいくつかプログラミングスクールの体験を受けてきた中で、TECH::EXPERTが合いそうな人はこんな人たちだと感じました。

本気でエンジニアにキャリアチェンジをしたい人

 ここまで書いてきたように、TECH::EXPERTはかなり一人前のエンジニアを育て上げるという本気度が高いです。カリキュラムのボリュームから言ってもなんとなく始めてみてこなせるものではないと感じました。

 

 一方で、将来のことを考えて本気でキャリアチェンジしたい人にとっては、良い場になるでしょう。短期集中タイプならまだしも、現職で残業をもある中で副業・フリーランスコースで半年間やりきるということは並大抵のことではないと思います。

 

 それだけの本気度をもってキャリアチェンジを目指したいという想いがあるのであれば、その想いを支えるだけのサービスがここでは提供されているように感じます

エンジニアに挑戦したいけど一人でやり抜く自信がない人

 TECH::EXPERTの無料カウンセリングを受けて、その本気度以外に、他のスクールと比較して特徴的だと感じたのが、チーム開発を経験できるという点です

 

 一人では挫折してしまうようなボリューミーなカリキュラムでも、周りに同じようにプログラミング学習をしている仲間がいれば、「一緒に頑張ろう」と思える人、そんな方にも向いています

おわりに

 今回TECH::EXPERTの無料カウンセリングをうけて、カリキュラムのボリューム感と一人前のエンジニアを育て上げるという本気度に圧倒されました。

 

 これだけの量をこなすとなると、半年間は他のものを犠牲にしなければなりません。しかし、HPに載っている卒業生の例をみると、その見返りに手にしたものはそれよりも大きいものに感じました。

 

 僕個人としては、勉強時間の確保により休日が少なくとも1日つぶれてしまう点がネックです。個人的には問題ないのですが、妻の決裁を得る際の大きなマイナスポイントになりそう。。とりあえず相談ですね。

 

 無料カウンセリングは以下から簡単に申し込めます。

TECH::EXPERT

 経理職の僕がプログラミングを学ぼうと思ったその想いは経理職必見!今こそ若手経理職がプログラミングを学ぶべきその理由に書いてあるので、こちらもご覧ください。

 

 また、僕が今まで参加したその他のプログラミングスクールの体験談はこちらをご覧ください!

  以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました!