ーーおすすめの記事!ーー

パソナのキャリドアで適性のある職業を診断してみた【無料・適職診断】

就職・転職する前にぜひとも利用したいのが、適職診断サービス。この記事では、パソナのキャリドアで受けられる適職診断についてご紹介します。

厚生労働省に採用された唯一の民間適性検査が無料で受けられる、お得な情報です。

キャリドアってなに?

キャリドアとは、大手転職エージェントのパソナ社が運営する無料のウェブサービスです。

キャリドアは主観(口コミ)、客観(財務・IR)・プロ(業界のプロ)の3つの視点から次のより良いキャリアを見つけることができるサイトです。

キャリドア公式HPより引用

 

適職診断の他にも企業の口コミをみれたりしますが、この記事では適職診断に絞ってご紹介していきます。

キャリドア適職診断の特徴

キャリドアの適職診断の特徴は、「ASK」を基に開発されている点。

ASKとは、採用のために開発された適職診断のアプリケーションでその被験者数は400万人超。ハローワークでも採用されている方式です

これだけのバックデータをAIと脳科学を使って分析し、視覚的にわかりやすい形でアウトプットしてくれるツールです。

キャリドア適職診断で何がわかるのか

キャリドアの適職診断では、以下の6つの職種系統についてそれぞれどれだけ適性があるか示してくれます。

  1. 事務系
  2. 営業系
  3. 接客系
  4. 技術系
  5. 製造系
  6. 芸術系

例として、私が診断した結果を載せます。

パソナのキャリドアの適職診断結果

上記のようにそれぞれの職種系統について100点満点で適性を示してくれます

私は経理を続けるために転職したので、事務系の適性が高いことには納得。接客系・営業系も意外と高いことに驚きです。

残りの項目はご覧の通りで、The文系人間といった結果になりました。

 

上記のような定量的観点だけでなく、適性のある職場環境や働き方といった定性的なアドバイスも受けることができます。

キャリドアの適職診断結果②

これを読むと、

  • 自分でも把握していたので納得する箇所
  • これは意外。本当にあたっているのかわからない箇所

どちらも両方存在すると思います。

前者は「自分が知っている自分」として自己評価と客観的評価が一致している部分、後者は「自分が知らない自分」として自己評価と客観的評価が異なる部分として捉えることができます。

どちらも大事ですが、現職が合わない人は特に後者が原因になっていることが多いので、詳しく振り返って見ましょう。

 

また、上段の分析結果を基にして適性のある職業を提示されます。

私の場合は「スペシャリストタイプ」だったので、提示された職業も専門性の高い職業が多いようです。

キャリドアで診断した適性のある職種一覧

 

キャリドア適職診断の利用方法をご紹介

キャリドア公式HPにアクセスして会員登録後、画面上部にある「適職診断」のボタンから適職診断を始めることができます。

キャリドア公式HPイメージ図

下のボタンからトップ画面に進めるので、あとはメールアドレス等を登録すれば無料で利用することができます。

キャリドア適職診断

適職診断ににあたって答えるべき質問は全部で48問。設問は全てYES/NOのどちらかで答えることができるものです。適職診断開始直前に

キャリドア適職診断の回答方法

このような指示が流れます。

1問ごとに制限時間が決まっており、5分程度で終了します。

会員登録だけでも適職診断・結果の閲覧はできますが、自分が働いている企業の口コミを投稿することで、より詳細な診断結果を閲覧できるようになるシステムです。

おわりに

無料かつ会員登録不要で出来るので、手軽に適職診断をやってみたいという方にはおすすめです。

キャリドアもおすすめですが、それ以外にも無料で受けられる適職診断はたくさんあります。 

以下の記事でおすすめの適職診断をまとめているのでご覧ください。

※キャリドアの記事より前に書いたため、キャリドアの記載はありません

以上です!ここまで読んでいただき、ありがとうございました!