20代経理マンが解説!転職エージェントって何?どこに登録すべき?

トリ

経理の転職って、他の職種とは別に特別なことをしなきゃダメ?

結論から言うと、そんなことはありません。

そんな悩みを抱えている方でも、まずは一般的な大手転職エージェントに無料登録してみてください。

経理の転職に関する情報収集をスムーズに進めていくことが出来ます。

この記事では、まず転職エージェントがどんなことをやってくれるのかご紹介します

さらに、最近経理職として転職した私が、実際に使ってみてお勧めできるエージェントの使い方と、登録すべきエージェントについても紹介します

この記事を読めば、転職エージェントがあなたにどんなサポートをしてくれるのか、さらに20代の経理職として転職するにあたってどの転職エージェントを選べばよいのかがわかります。

この記事の信頼性
私が転職活動した際には、日本最大手の自動車・教育・化学メーカー・精密機器メーカーを受けましたが、1つも落とされていません。

内定を2社からいただき、その他企業は選考の途中で全て辞退しました。

転職活動を成功している部類に入ると思うので、この記事には一定の信頼性があると思います。

ということで今回は、 他のサイトをいろいろ調べ直さなくてもいいように、私なりに転職エージェントについてまとめてみました! 少々長いですが、ぜひ最後までよんでくださいね!

そもそも転職エージェントって何をしてくれるの?

f:id:hamach0:20190321165631j:plain

最近はテレビでも転職エージェントのCMが増えてきましたよね。 空前の売り手市場ですから

だけどその転職エージェントが何をしてくれてるかまでは、実際に転職活動をしてみないとわかりません。

そこで、まずは転職活動の流れに沿って、転職エージェントがいったい何をしてくれるのかを簡単に説明していきます。

キャリア相談

転職エージェントに登録して一番初めにやること。それはキャリア相談です。

ます、自分が今までどんな仕事をしてきたのかという「職務経歴書」(履歴書の詳細版みたいなの)を書きます。

それをもとに自分の担当となったエージェントと面談をすることになります。

場合によっては対面ではなく、電話やスカイプなどを使ってキャリア相談を実施してくれるところもあります。

この面談は、現在の業務スキルの棚卸や転職の方向性、転職理由の整理等にとても役に立ちます

無料だからこそ「相談をしてみよう」という一歩を踏み出せました。

しかし振り返ってみると、私を担当してくれたエージェントの方はとても優秀だったので、有料でもやってもらう価値があるものだと感じました。

案件の紹介

キャリア相談が終わった段階で、実質的な「登録」となります。

キャリア相談のデータを元にして希望条件に沿った求人案件が、メールで送られてくるようになります。

実際にはメールアドレスだけ登録してマイページにログインできるようになった段階でも、求人案件の紹介メールはきます。

しかし、そういったメールで送られてくる求人は対象範囲が明確でない事がしばしば。。

すぐにメールの山に埋もれることになるので、キャリア面談をするのが憚られるという方であっても最低限の希望条件は伝えておいたほうが望ましいでしょう

職務経歴書の添削

エージェントから紹介があった求人案件に応募したいと考えたとき、最初の関門は書類選考です。

新卒時代はESなんて呼んでいましたが、転職活動の際はなぜかESという呼び方はせず、職務経歴書と呼んでいました。

転職エージェントを通した応募の場合、選考書類の提出もエージェントを通じて行います。

どこまで丁寧に見てくれるかは、紹介してくれたエージェント次第ですが、少なくとも多少のアドバイスはしてくれます。

あと、ありがたいと思ったのは、誤字脱字や形式不備のチェックをしてもらえたことです。

中身で落とされるならまだしも、その全段階で見限られてしまうのは悔やんでも悔やみきれないですからね。。

面接日程の調整

新卒の就活を思い出すと、非通知からの着信はドキドキしましたよね。電話がきたらすぐにスケジュール帳とペンを取り出して、必死に対応していた覚えがあります。

転職エージェントを間にはさめば、日程調整もスムーズです。

現職の都合もありますから、先方からある程度の幅を持ったスケジュールを提示され、その中から都合のいい日程を選ぶだけでした。メールのみで完結です。

面接対策

実際に面接まで進むと、面接対策も行ってくれます。希望をすれば、対面でも実施してくれます。

私の場合は忙しかったので面談練習まではしませんでしたが、過去の受検者から集めた情報をもとに、当日質問される内容や、評価されやすいポイントなどを細かいアドバイスをしてもらえます。

条件交渉

企業から内定をもらった後、多くの場合「待遇面談」といって給与面の条件を説明される場が設けられています。

給与の条件交渉は、企業側の心証を損ねるのではないかという懸念から、求職者自らが行うことはためらわれます。

しかし、転職エージェントに希望を伝えれば、その希望に沿った形で条件交渉を進めてくれます。

なぜ転職エージェントはこんなに親切なのか。

彼らもボランティアではありませんから、採用が決定した場合に、求人側である企業から採用報酬をもらいます。

この報酬は採用者の年収の20%~30%程度が相場なので、転職エージェントとしても、自分の売り上げのために、年収を引き上げたほうがお得なんですね。

退職交渉の相談

採用が決まったら、退職交渉です。いざ転職先が決まっても、現職をやめられなければ転職はできません。

やめようと思ってたけど引き留めにあって、結局やめられなかったなんてならないように確固たる意志をもって退職交渉を進めていきます。

退職交渉を進めていくうえでの悩み事や、上司への切り出し方なども転職エージェントからアドバイスをもらうことが出来ます。

転職エージェントのおすすめ活用方法

転職エージェントがしてくれることを整理したところで、転職エージェントのおすすめ活用方法をご紹介します。

それは、 転職エージェントは複数登録すべきということです。

 なぜ複数の転職エージェントに登録するべきか

転職エージェントは、1つだけではダメなのか。経験からして、複数登録しておいた方が間違いありません。

その理由を複数登録した際のメリット、デメリットから説明してみます。

複数の転職エージェントに登録するメリット

複数登録の最大のメリットは 求職案件の取りこぼしを防げることです。

東証一部上場の中でも大きめな企業であれば、たくさんの採用コストをかけて、色々なエージェント経由で求人を募ります。

こういった場合であれば、一つの大手転職エージェントに登録しておけば、その企業からの求人を取りこぼしてしまうという可能性は低いでしょう。

これは私が転職活動中によくあったのですが、エージェントAとエージェントBから、全く同じ案件で募集をかけられました。

これだけ聞けば、「だったら1つ登録すればいいじゃん」と思いますよね。

しかし、企業の人事担当者によっては特定のエージェント会社と太いパイプをもっていたり、予算上仕方なく転職エージェント会社を絞っていたりする場合があります。

1つだけしか登録していない場合、その会社が必ずしもその転職エージェントを使っているわけではないため、募集案件を見落としてしまうリスクがあります。

ここで再び体験談です。

私は新卒時代から行きたかった会社がありましたが、登録していた転職エージェントからの紹介がなく、すでに内定をもらった別の会社へ行こうとしていました。

そんな時、内定待ちの折に何気なく登録した別の転職エージェントから、本当にたまたま、行きたかった企業の求人紹介が来ました。

これは受けるしかないと思って受けた結果、奇跡的にうかって今はそこで働くことが出来ています。

転職活動を始めた当初は1つのエージェントに絞っていて、特に意図もなく新しいエージェントに登録した結果、寸前のところで大失敗を避けられました。

複数の転職エージェントを登録するメリットは、まだあります。

それは、 より客観的な目線で転職活動を進めていくことが出来るという点です。

転職エージェント側も売上がかかっていますから、場合によっては、その人のキャリアよりも売上を優先して求人案件を紹介してくる可能性もあります。

そんな時に転職について相談できる窓口が他にもあれば、より客観的かつ専門的な意見を踏まえて判断できるでしょう。

複数の転職エージェントに登録するデメリット

複数の転職エージェントに登録するデメリット。それは案件の管理が非常に大変になることです。

経験的に、一つの転職エージェントに登録すれば一日10件~20件程度のメールが来ます。

とりあえず大手だけは登録しておくかと、軽い気持ちで登録すると、一日中メールの受信音が鳴りやみません。

しかしこのメールの嵐を適切に管理できれば、行きたい企業の求人を見逃すことはないでしょう。

数に限りはありますが、yahoomailやGmailであれば一瞬でサブアドレスを無料で作成できます。アドレスごと分けてしまうのも1つの手。

【5分でできる】複数のメールアドレスを作成して無料サービスの恩恵をうける

経理マンの私が登録した転職エージェントはコレ!

私が実際に登録していたエージェントは「リクルート」「マイナビ」「doda」「 ビズリーチ」です。

大手の転職エージェントにおいて、会社間の比較という議論は無意味です

なぜなら、転職サポートをしてくれるのはあくまで転職エージェントという「人」であり、会社ではないからです。

私がどんなにおすすめをしたところで、そこで担当してくれる人が必ずしもいいサービスを提供してくれるとは限りません。

逆に言えば、何社かのエージェントに会う中で最も自分に合った転職エージェントが在籍する会社をメインに使用すればいいということです。

以下のリンクから公式HPへ飛んで利用登録できます。

自分の場合は結果として「doda」と「ビズリーチ」をメインに使って転職を成功させました。

そんなにたくさんのエージェントに登録するのが面倒だという方であっても、ビズリーチだけは登録しておくことをお勧めしておきます。

会社間比較は無意味といったばかりではありますが、その辺の理由は僕がもう一度転職をするなら、必ずもう一度ビズリーチを使うその理由【20代転職】こちらの記事に書いているので、ご覧ください。

経理が転職エージェントを使うなら・・・

長々と書きましたがまとめると

この記事のまとめ
  • 転職を考えているのであれば、まずは複数の転職エージェントに登録することから始める
  • 転職エージェントのお勧め活用法は、「複数登録した中から自分に合ったエージェントを選ぶこと」

以上です!ここまで斜め読みした方も、これだけ意識していただければと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました!ご質問や相談があればお問合せまでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です