面接確約プラチナスカウト多数!次の転職もビズリーチを使いたいその理由

トリ

ビズリーチのプラチナスカウトって使える?!

いろいろな会社の転職エージェントがありますが、まず登録しておいて損がないのが”ビズリーチ”

私自身は転職後の会社に満足しているので今のところ転職は考えていませんが、もしもう一度転職活動をするなら、必ずビズリーチを使います。

数ある転職エージェントの中でもなぜビズリーチに登録すべきなのか。その理由の1つがプラチナスカウトです。

この記事では、ビズリーチの特徴をその他大手エージェントと比較して解説していきます。

そのなかで、ビズリーチの大きなメリットの1つであるプラチナスカウトについて、実際のスカウトメールも掲載しながらご紹介していきます。

通常の転職エージェントは運に頼る部分が大きい

通常の大手(リクルート・マイナビ・doda等)転職エージェントの場合、ほとんどが“担当制”の形をとっています。

転職エージェントに登録すると、まず現職スキルの棚卸や将来のキャリア志向を確認するために面談が行われます。

大体の場合、ここで面談を行う人が自分の担当者としてその後の転職活動をサポートしてくれるのですが、これが担当制です。

担当エージェントに誰がつくかは運の要素が強く、自分よりも社会人経験が浅いエージェントが担当になるなんてこともざらにあります。

たとえ“プロ”とはいえ、自分の人生の大きな決断をゆだねるには少し頼りないですよね。

転職活動はエージェントと二人三脚で進めるといっても過言ではないので、できればそういったことは避けたいものです。

大手は大手で求人数が多いというメリットがあるのは間違いないですが、まずは、このようなデメリットも把握しておいたほうがよいでしょう。

ビズリーチの特徴!面接確約のプラチナスカウト等

ビズリーチも今ではCMをガンガンやっていて、もはや大手なのかもしれませんが。。

ここでは昔から大手と呼ばれている転職エージェントと比較した場合の、ビズリーチの特徴について説明します。

案件ごとに担当するエージェントが異なる

ビズリーチでは他の大手で採用されている担当制というような概念はありません。

ビズリーチに登録している私たち求職者と、企業から依頼されてヘッドハンティングをしているヘッドハンター。その両者をつなぐプラットフォームとしてビズリーチが存在しているイメージです。

もう少し具体的に話します。

求職者は職務経歴書(履歴書のもっと詳細版)をビズリーチ上に登録し、企業からヘッドハンティングを依頼されているヘッドハンターが、その職務経歴書をみて直接求職者へコンタクトを取るイメージです。

直接といってもいきなり電話がかかってくるわけではなく、ビズリーチのプラットフォーム上でやり取りして、こちらが承諾すれば、直接やり取りが出来るようになるシステムです。

ですから、求人案件によって、やり取りするヘッドハンターも様々。

個人的な所管としては、大手よりも専門性の高いヘッドハンターが多いと感じました。

たとえば、リクルートに特化したエージェントや外銀に特化したエージェント、さらには特定の県のUターンに特化したエージェント等々、例を挙げればきりがないほどです。

ビズリーチでは専門分野をもったエージェントに出会うことがるため、専門分野における企業とのコネやパイプ・入社試験対策のノウハウ等を得やすいと言えるでしょう。

特定の業種に興味がある方、またはどうしても行きたい会社がある方には特におすすめできますね

面接が確約されたプラチナスカウトが有用!

プラチナスカウトとは、求職者の職務経歴書を見て、特に関心を寄せた場合にのみ送られてくる、面談・面接が確約されたスカウトのこと。

書類選考を省略できるだけでなく、他にも大きなメリットがあります。

通常の転職エージェントであれば、年齢やスキルなどで抽出した対象者に一斉に求人メールが送られます。

一方でプラチナスカウトは、スカウト側が求職者の経歴を確認した上でスカウトが届くので効率的に転職活動を進める事ができるのです。

参考に私が転職活動をしていた際に企業から届いたプラチナスカウトをご紹介します。

株式会社XXの〇〇と申します。

貴殿の前職でのご経験を拝見し、ご活躍されている方なのではないかと考え、お声かけさせていただきました。

弊社について簡単に紹介させてください。・・・・・

・現時点の想定ポジションについて

現在XX課では●名で業務を行なっていますが、今後の事業の発展を考えた際に、事業分析力の強化と個人の知識の底上げが必要だと強く感じております。そこで貴殿のご経験を拝見し、個別にお声かけさせていただきました。

貴殿にはXXのリーダーとして、月次・年次の決算手続きから開示資料の作成など、制度会計の領域、各事業の分析や予算管理などの管理会計の領域の両面、その他スポットではありますが、国内外のM&Aのデューデリジェンス対応やその後のPMIなどをお任せしたく思っております。・・・・

まずは弊社を知りたいと言う気持ちで構いませんので、カジュアルにお会いする機会をいただけないでしょうか。

省略している部分もありますが、私の職務経歴や将来のキャリアプラン希望をよく読んでいただいた上でスカウトメールを送っていただいている印象です。

このプラチナスカウトは、無料会員(スタンダードプラン)でも利用可能なので、自分の市場価値を知るために登録しておいても損はないです。

エージェントの実力が客観的指標で確認できる

ビズリーチでは“ハンターランク”というものが存在します。これは、その名のごとく、ヘッドハンターの実力を示すものです。

この指標は、過去の転職斡旋実績や転職者からの口コミなどに基づいて決定されるため、客観性があり一定の信頼がおけるものと言えます。

人生を賭した転職が”運が悪かった”ではシャレになりません。より良いヘッドハンターと出会って、よりよい転職を達成するために、このハンターランクという指標はとても参考にしていました。

いわゆる大手の担当制とは違い、当たりはずれの運任せではなくて、職務経歴書で自分をアピールして、より良いヘッドハンターにスカウトしてもらうようにすることが可能なところが、ビズリーチのいい部分ですね。

ランクの高いヘッドハンターからスカウトが来ると、転職活動を進めていくうえでの自身にもつながってきます。

ビズリーチのデメリット

私はビズリーチを使って転職しましたが、実際に使用してみて感じたデメリットもあります。

一定の年収以下の求人が少ない

ビズリーチのホームページ上ではこんな記載があります。

厳選した国内外の優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが届く、エグゼクティブ向けの転職サービスです

※ビズリーチHPより引用

HPで謳っているとおり、確かにハイクラス層向けの求人が非常に多いです。年収1,000万円以上の案件もざらにあります。

自分が使ってみた感じでは、20代後半であれば500万~700万円程度がボリューム層だったように思います。

よって、そもそも500万円以上の求人は探していない、ということであれば、ビズリーチを使うメリットはあまりないといえるでしょう。

また、転職後の年収はあまり気にしていないけど、ビズリーチのスカウト制に魅力を感じて使用いる人にとってはデメリットといえるでしょう。

ビズリーチを使い倒すには有料プランの登録が必要

国内の大手エージェントはサービスの利用に際して費用が発生することはありません。

ビズリーチも基本は無料で使えるのですが、本気で転職活動をするのであれば、有料プランへの移行が必要です。

何事もお金が発生する可能性があるとためらってしまいますよね。これが二つ目のデメリットです。

しかし、もちろん僕が転職活動をしていた時も有料プランを使っていましたが、実際には1円も支払っていません。これについては後述します。

有料プラン(プレミアム)と無料プラン(スタンダード)の違いを先に説明します。

 スタンダードプラン

まずは使ってみたい方、または転職を検討中の方におすすめのプランです。スカウトを受け取ることでご自身の市場価値を確認することが出来ます。

プレミアムプラン

積極的に転職活動をしたい方におすすめのプランです。スカウトを受け取ることはもちろん、秘匿性の高い求人に自らご応募いただくことも可能です。

※タレント会員2,980円/30日、ハイクラス会員4,980円/30日。会員区分は現職の年収によって決定。750万円以上であればハイクラス会員

※ビズリーチHPより引用

スタンダードプランとプレミアムプランの最も大きな違いは、“すべてのスカウトに対して応募に進めるかどうか”という点です。

プレミアムプランではすべてのスカウトに対して応募まで進むことが出来ますが、スタンダードプランでは、一部の限定されたスカウトのみしか応募することが出来ません。

ここでいう“一部の限定されたスカウト”とは先程紹介した“プラチナスカウト”です。

転職して年収UPできるならば、必要な投資であると考えることが出来ます。

しかしこれから転職をするという方であれば、他にもいろいろお金がかかりますし、できるだけ出費は押さえたいですよね。

しかしプレミアムプランで発生する料金のことはあまり心配しなくて大丈夫です

先ほど述べたように、私も転職期間の2か月ほど有料プランを使用していましたが、1円も支払いが発生していません。

その理由は、無料期間とキャンペーンをうまく使用したからです。

ビズリーチに登録すると、無料で一週間ほど有料プランを使用できます。

まずはこの一週間で職務経歴書を登録し、しかっりとサイトの仕組みや使い方をマスターします。

次にキャンペーンの利用です。

ビズリーチに登録するとビズリーチから「職務経歴書を更新しよう」とか「1人のヘッドハンターと実際にあってみよう」とか宿題チックなお題が出て、それを達成すると、プレミアムプランを延長できるチケットがもらえる仕組みです。

上記を読んでもらえばわかる通り、プレミアムプランのチケットは、転職活動を進めていく上で、通常踏まなければならないステップを踏むことで手に入ります。

ですから、プレミアムプランとは言え、転職活動が長引かない限りは、無料で使い倒すことも十分に可能なんですね。

一方で、転職活動を本格的に始める前の段階の方も、ひとまず無料プランだけに登録する価値は十分にあると言えます。

無料プランに登録しておけば、スカウト自体は受け取れることができるので、転職市場における自分の市場価値を知ることが出来、いつか転職活動に動き出す日のために、自分に何が足りないのかを考えることが出来るためです。

まずは無料で登録してプラチナスカウトを使ってみよう

ビズリーチのおかげで転職活動を成功させることが出来た人間のうちの一人である僕が、ビズリーチのいいところ・悪いところをまとめてみました。

本筋とはずれてしまうので本文中には書きませんでしたが、ビズリーチに登録していると、たまにアンケートが回ってきて、回答すると結構いいものがもらえたりします。

私の場合はAmazonギフト券5,000円分と日経ビジネス半年分をもらいました。そんなおこぼれもあったりするので、登録しておいても損はないかもです。

以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です