ーーおすすめの記事!ーー

転職するタイミングはいつがベスト?転職に備えた情報収集の手段も併せて確認!【経理・転職】

 こんにちは!はまちょうです。

 

 今の仕事が嫌になったり、もっと違う仕事にチャレンジしたくなったり、数年働いていれば、だれもが「転職」という言葉を頭の中で思い浮かべたことがあるでしょう。一方で、なかなか転職に踏み切れない現状もあると思います。

 

 僕自身も一度転職活動をしてみて、「転職のタイミングはこうはかるべきだった!」と反省している部分があります。

 

 そこで今回は、転職のタイミングとその情報収集方法について書いていきます。少しでも転職を考えたことがある人はこの記事を読んで、ぜひ僕と同じ失敗をしないようにしてもらえればと思います!

漠然と転職したいと考えているけど、あと一歩がなかなか踏み出せずにいる方

転職活動を始めてみたけど、本当に転職すべきか迷い始めている方

 上記に当てはまる方は是非読んでみてくださいね!

転職すべきタイミングは〇〇!

 結論からいうと、転職すべきタイミングは、自分が行ってみたいと思っている企業が募集をかけたタイミングです。決して会社に行くのが嫌になったタイミングでも、自分が転職をすると決めたタイミングでもありません。

 

 理由の詳細は次の章で書いていきますが、中途採用はタイミングが命です。

 

 だからこそ、まずは自分が転職で手に入れたいものは何か、そしてどこの企業に入ればそれは手に入るのかを在職中から事前に明確にしておくべきです。

 

 かく言う僕もそれなりに現職に満足していますが、一応エージェントには登録し続けて、ちょくちょく求人をチェックするようにしています。

中途採用はタイミングが命!

 一度転職活動を経験すればわかりますが、転職を志したタイミングにおいて、希望の企業の希望のポジションが募集されていたらかなりラッキーです。

 

 中途採用も社内の人事異動と同じで、欠員や事業拡大による増員が出るタイミングで募集がかかることになります

 

 そのポジションにどのタイミングで空きがでるかわかりませんから、チャレンジしてみたい業界や職種、具体的な企業があるのであれば、常に情報収集をする必要があるのです。

 

 「常に」というとうんざりしてしまうかもしれませんが、最低でも月に1回程度は興味のある企業で求人があるかどうかを確認するのがおすすめです。

 

 月に1回というのは、だいたい書類選考から初めて2回程度面接をして合格するまでの期間。場合によっては2週間程度で選考が終わってしまう場合もあるので、本当はもう少しの頻度で情報を収集しておきたいところ。

 

 とは言いつつなかなか頻繁にチェックするのも億劫だと思うので、望んでいた求人が決まってしまうぎりぎりのタイミングとして、最低1か月に1回は求人をチェックしておきたいということです。

在職中から情報収集することのメリット

在職中から情報収集しておけば、焦らず転職活動を進めていくことが出来る

 「一刻も早く現職から脱出したい

 こんな気持ちになってから転職活動を始めると、どうしても焦りが生じてしまいます。

 

 僕の場合もまさにこのパターンでした。転職活動当初は、転職することによって何を得たいのかが明確でなく、なんとなく「転職すれば何かが変わる」くらいに思っていました。

 

 結果として、とりあえず大手で安定しているところに応募するという、新卒時代と同じ過ちを犯しかけました。この頃は当時の職場が本当に嫌で、一刻も早く辞めたいという想いから、転職が目的化していたことが原因です

 

 いやいやこんな事書いてるけど自分転職失敗してるの?という疑問が聞こえてきますが、僕の場合、本当にたまたま運よく自分の本当に行きたい企業に行くことが出来てます。ただ、僕の場合は運がよかっただけなので、これから転職する人には同じ失敗をしてほしくないという想いでこの記事を書いています。。

 

 在職中である程度心に余裕のあるうちに、自分が手に入れたいものを明確にし、計画的な転職活動を進められるに越したことはありませんね! 

自分の市場価値を把握できる

 求人情報を見ていると、現在の自分の市場価値が大体わかってきます。大体の求人が、求めるスキル(経験年数なども含む)基準と一緒に大まかな年収を提示しているためです。

 

 仮に自分がその基準を満たしていて現職の収入がその求人より低ければ収入アップのチャンスがあることがわかりますし、その逆の場合は、現段階では転職すべきではないと認識することが出来、スキルアップの必要性に気づくことが出来ます。

 

 求人を見る以外にも、MIIDAS(ミイダス)等の無料サービスで自分の適正年収や向いている職業などを把握しておくこともお勧めです。

求人情報収集の方法

 ある程度自分のやりたいことや行きたい企業が絞れているという前提で、どのように求人情報を収集するかという方法論です。

知人からの紹介(コネ)

 行ってみたい企業に知り合いがいるなんて、なかなかないかもしれません。しかし、もしそのコネクションがあったら最強です

 

 僕の身近な例でいうと、前職である方が転職成功して、労働時間の減少と年収アップ(しかも数百万単位)を達成した人がいました。その方のコネクションを通じて、僕の前職場からは2人もそのコネを使って消えていきました。。面接当日に寝坊したにもかかわらず。笑

 

 具体的な会社名は伏せますが、上記の会社は社会人であればだれでも名前を聞いたことがある大企業です。大きな企業でもコネで紹介なんてザラにあります。

 

 そもそも紹介してくれる人が、その会社でしっかりと信頼を勝ち得ていることが前提ですが、企業側としても採用コストを抑えられたり、入社後に「想像していたのと違った」なんていうアンマッチを最小限に抑えることが出来るという点でも大きなメリットがあることなのです。

 

 確かに身近の人からの口コミというかなり信頼できる情報があれば、入社する側としても安心ですよね。

 

 転職してしまった職場の元同僚に引き抜いてもらうのも、個人的には全然アリだと思います。 

採用ホームページ

 当たり前なようで意外と盲点なのが、企業のホームページ上の採用ページ。大企業であれば直接ホームページ上で求人を出してしまうと応募が殺到してしまうため、基本的には転職エージェントを使用します。

 

 しかし、意外と求人案内が直接載っていて、そこから応募できたりします。親切な企業であれば、自分の希望する職種がなかった場合に、その職種の募集がかかるタイミングで連絡がいくようにメールアドレスを登録するような仕組みを作っている企業もあります。

 

 僕が転職をする前に、友人で転職エージェントをしている人間がいたのでいろいろ話を聞いてみたのですが、本当に「ココ!!」っていう行きたい企業があるならば、たとえ求人がなくてもホームページの採用窓口に連絡して直接交渉すればいいといっていました。

 

 僕はそこまでの熱意をもっていきたい企業がなかったのですが、一つの手段として知っておいてもいいのかもしれません

転職エージェント

  やはりこれが王道でしょうか。当たり前すぎてもはや説明の余地もないでしょうか。おそらく概要は既知の部分だと思うので、情報収集のコツ的な部分をお伝えします。

 

 転職エージェントはいくつもありますが、大手と呼ばれるところは一通り登録しておくことをお勧めします

 

 大手のエージェントの場合、大抵はあなたの専属の担当がついてくれて、その担当と二人三脚で転職活動を進めていくことになります。

 

 大手であれば一定の質は確保できているものの、エージェントの中にはもちろん新人からベテランまで幅広く存在します。そして、人間ですから、合う・合わないもあります。

 

 人生の一大イベントといっても過言ではない転職活動ですから、より優秀かつより自分に合ったエージェントに支えてもらいたいですよね。

 

 エージェントに登録すると大抵一番初めに面談があるのですが、その面談で担当者との相性を見極めつつ、自分に一番合った会社のエージェントを見極めたうえで、情報収集を進めていきましょう!!

おわりに

 転職活動を終えてみて、在職中から情報収集をすることの大切さを身に染みて体感しました。普通、一回も転職したことがなければ、なかなか在職中から行きたい企業の求人をチェックする人はあまりいないのではないかと思い、記事にしてみました。

 

 併せて、情報収集の手段の部分も参考にしていただけたら幸いです。自分の場合は、結果的にdodaビズリーチを使いました!

 

 以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!!