ーーおすすめの記事!ーー

知らないとやばい自分の転職市場価値。簡単チェック方法をご紹介

みなさんは転職市場における自分の市場価値を知っていますか

 

終身雇用の崩壊や、働き方改革。これから何十年も働かなくてはいけない僕たちの将来は非常に不透明です。

 

この記事では、いまなぜ自分の市場価値を知らないとまずいのか、そしてその市場価値を簡単にチェックできる方法も合わせてご紹介します。

なぜ自分の市場価値をチェックしないのか?

「転職するつもりはないから、自分の市場価値は関係ない」

 

このようにお考えの方も多いかもしれません。

 

ここで、大きな企業でも最近導入されつつある面白い人事制度をご紹介します。

 

それは、自分の転職市場における価値がそのまま現職の給与になるという制度です。

 

その背景としてあるのが、売り手市場が続いている昨今の転職市場。そこでは企業間で優秀な人材の獲得競争が行われています。

 

優秀な人材を呼び寄せる大きな要因の一つが給与。優秀な人材を呼びよせたい企業は、その人材が現職でもらっている給与よりも高い金額を提示することで心を揺さぶります。

 

逆に現在優秀な人材を確保してる企業からしてみれば、なんとしても人材の流失は防ぎたいもの。

 

しかし、従来の給与制度は給与規程により報酬テーブルが決まっているせいで、いくら優秀な人材に対しても、そのルールの範囲内でしか給与を支払うことができません。

 

このような状況があり、いつまでたっても優秀な人材が自社で長く働いてくれるような環境をつくることができませんでした。

 

こういった背景があって導入され始めたのが、先ほどご紹介した制度です。

 

この制度では、①社内における価値と②転職市場における価値の2つを比べて、その高い方が自身の給与として採用されます。

 

転職市場における自身の価値が現職の給与に反映されるということであれば、給与面を理由に転職することがなくなりますね。

 

有名な企業でいえば、LINEがこの制度を導入しています

 

この制度は、確かに現状では一部の企業しか導入していないかもしれません。しかし、昨今はやりのフレックス勤務のように、じわりじわりと拡大していく可能性は十分に考えられます。

 

ここで、自分の会社にこの制度が導入されたと想像してみてください。ご自身の給与は上がりそうですか?

「いま働いている企業においては価値が高い人」に将来性はあるのか

先ほどご紹介した制度では、①社内における価値と②転職市場における価値のどちらか高い方で評価されると書きました。

 

もしそうなら「今の企業で固有の専門性を身に付ければいい」または、「すでにそのような専門性を身に付けているから自分には関係ない」と考える方もいるでしょう。

 

しかし、それでも安心できない理由が2つあります。

 

 まず一つ目の理由が、終身雇用制度の崩壊です。いつまで働けるか不確実な企業で専門性を高めたとしても、いつ早期退職を迫られて転職市場にさらされるかわかりません。

 

現に、富士通等の日本を代表する大企業でそのような事象が発生していること、トヨタの社長が終身雇用の崩壊について言及したことも記憶に新しいでしょう。

 

そして二つ目の理由が、ITの浸透などによる技術の標準化です。かつてその企業独自のスキル・ノウハウが、IT技術の発展によりどんどん標準化されつつあります。

 

いまはその企業独自のスキルで価値が高いとしても、それが技術の発展によって、ある日突然誰でも扱えるスキルになってしまう日が来るかもしれません。SAP等がその代表格ですね。

転職市場における市場価値をチェックする方法

このように不確実な背景があるからこそ、転職市場における自身の市場価値を高める努力が必要です。

 

この記事ではその方法論ではなく、そのスタートとなる「自分自身の市場価値を把握する方法」をご紹介します

市場価値をチェックする方法①転職エージェントに面談してもらう

現段階で転職しようと考えていない方にとってはハードルが高いかもしれませんが、この方法がもっとも詳細かつリアルに自身の市場価値を知ることが出来ます。

 

具体的な方法としては、大手の転職エージェントに登録して、一度面談してみることです。

 

最初から「転職する気はない」というオーラを出していると向こうも本気を出してくれません。

 

だからと言って嘘をつく必要もないので、面談の際は「自分の市場価値を知りたい」と素直に伝えてみるのがいいでしょう。

 

そもそも転職エージェントについてよく知らない方は下の記事をご覧ください。

 

「面談」となると少し勇気がいるかもしれませんが、無料かつ対面以外(電話等)も対応してくれるので、できればこちらの方法がおすすめです。

 

大手であれば、あとはどんな人が担当してくれるのかという運の要素があるので、ここでは僕も転職の時に実際によく使っていた2社のリンクを貼っておきます。

dodaエージェントサービス

リクルートエージェント

※転職するうえで本当におすすめするのはビズリーチなんですが、ビズリーチでは初回の面談までに時間がかかる可能性があるので、あえて上の2社をお勧めしています。

市場価値をチェックする方法②無料の市場価値診断サービスを利用する

「目安でもいいから、手っ取り早く自分の市場価値を知りたい」という方にお勧めなのがこちらの方法。

 

こちらはメールアドレスの登録すらすることなしに、いくつかの質問に答えることによって転職市場における想定オファー年収をチェックすることが出来ます。

 

今すぐチェックしたいかたは下のリンクから飛んでみてください。

MIIDAS(ミイダス)

また、具体的なチェック方法の流れについても別記事でまとめているので、こちらも合わせてご覧ください。

おわりに

転職市場における自身の市場価値を知らなければならない理由と、その方法をご紹介しました。

 

2番目にご紹介したミイダスのサービスは、結構甘めの評価で想定オファー年収が算出される感覚です。もしその金額よりも今多くもらっていたとしたら、この先のことをよく考えなければならないかもしれません。。

 

自身の市場価値をチェックしたら、同じミイダスのサービスで、適職チェックも無料で受けられるので、こちらもぜひ試してください!

適性検査LP 

 

 

以上です!ここまで読んでいただきありがとうございました!